2017-01-12

子どもの字が上手だとママの機嫌が良いのは事実

お稽古初め

私が代表を務めています、野沢龍雲寺子ども書道教室は
開室3年目で生徒は25人となりました
 
1月5日は2017年お稽古初めでしたが
まだ冬休みということもあり、生徒も半分くらい
今日から通常のお稽古の雰囲気に戻るかと思います
 
日本教育書道会に属していて、お手本と級取得は本部の先生方に見ていただいています
週1回のお稽古ですが
硬筆毛質共に、子どもたちは集中力を持って毎回臨んでおり
確実に上手になっています
 
お習字を経験したことのない低学年のお子様の入会理由は
「綺麗な字を書いて欲しい」というお母様のご要望が圧倒的に多いです
我が家もしかりで
子どもが字を綺麗にかけていないと、つい口を出したくなります
 
『きちんと書きなさい』
『マス(行)に合わせて書きなさい』
『なんで綺麗にかけないの』
『ちゃんとやりなさいって言ってるでしょう!』
 
具体的に伝えているのはかろうじて、マス(行)に合わせて書くということだけ
これでは子どもはどう直していいのやらわかりません
小学校のうちに、字に自信をつけて
学力も伸びればママは一気にご機嫌ですね(経験済みですw)
 
3月で今年度のお手本が終了し
4月からの新年度に向けて、若干名ではありますが生徒を募集いたします
 
見学は随時お承りしております(事前予約制)
ぜひ一度、教室の雰囲気と稽古の様子を見にいらしてください
3人のママ講師がお待ちしております
お問い合わせもお気軽にどうぞ
https://mothersbridgeclub.com/contact
 
こちらは、書き初め大会で賞をいただいた子どもたちの作品です
IMG_5383
 
子どもらしく、伸び伸びと書けていて嬉しくなります
2020年オリンピックに向けて
次世代を担う子供達に
日本の文化でもあるお習字を身につけていただければ嬉しいです
 
マザーズブリッジクラブ代表
三橋 聡子

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です